直線上に配置

LettingGo 裏窓 Shooting Scene (1)
撮影場所:St.John's Rehabilitation Hospital
シーズン1の最終話 LettingGo 裏窓の撮影シーンがカナダのある番組で放送されました。

レポーター今due southのロケ地セントジョーンズ病院にいます。今から3人のロマンティックな役者さんが撮影中です。」  

ポールは撮影の合間もとっても陽気でカメラに向かってこんなポーズをしています。
横にいるのはディーフとレイです。


窓の外から撮影している風景です。
窓の外には大きなセットが。
テレビってこんなにスタッフがいるのねーとびっくり。ほんと大掛かりでした。でも撮影の雰囲気はほのぼの。


まるで観光地の駐車場のようにバスが並んでいます。それぞれのバスには役割があり、衣装のバス,小道具のバス、ポール、デビッドの控え室用のバスとなっています。ディーフ用のトレーラーもあります。 
衣装のバス

レポーター「ここは衣装のバスです。まるで洋服ダンスに入ったように衣装がいっぱい。本当にこれ、ポールが着た服なの?」
衣装係「そうよ。」
レポーター「きゃ〜なんだか暑くなってきたわ
!」
小道具のバス
レポーター「Due SOUTHはコップショーよね。じゃあ銃を見せて。」
小道具係「ほれ、これが銃だ。」
レポーター「わ〜これ本物の銃なの?」
小道具係「本物さ。でも弾は入っていないけれどね。」
レポーター「これってもしかしてベッキオ刑事のもの?」
小道具係「そうだよ。だって騎馬警官は銃を持っていないからね。」

レポーター「じゃあフレイザーはどうやって身を守るの?」
小道具係「機転のよさと彼の魅力と知能さ」
小道具係がガラスの破片をレポーターに渡します。これは砂糖菓子でできているらしく口で簡単に割れてしまうのでした。
フレイザーはよくガラスを破って飛び込んでいたけれど砂糖菓子を突き破っていたんですね。


直線上に配置
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー