直線上に配置

LettingGo 裏窓 Shooting Scene (2)

デビッドの画像はサムネイルになっています。クリックすると大きくなります。
デビッドは休憩中にスタッフとキャッチボールをしています。

レポーター「こちらはデビッドマルシアーノです。シカゴの刑事を演じています。」
デビッド「そう、シカゴコップさ!」
レポーター「私、あなたのアメリカンアクセントが大好き。それってわざとそうしているの?それともあなた自身のもの?」
デビッド「僕のアクセントさ。」
レポーター「あっこのシャツ見覚えがあるわ。さっき衣装のバスで見たわ。それにしても私、あなたにすっかりぞっこんよ。本当にロマンティックな俳優さんよね。」

そこでポールが後ろからやってきてデビッドにじゃれつきます →

レポーター「おっと、ここで争いが起きました。彼(ポール)焼きもち焼いているんじゃない?

デビッド「いつものことだよ。」
二人急にひそひそ声になります。
デビッド「ここだけの話なんだけど・・・今日一緒にディナーに行かない?」
レポーター「わっいいわね。何処に行く?イタリアンなんかいいわね。」

デビッド「あちゃー」 と頭を叩く。←
レポーター「どうしたの?」

デビッド「僕結婚しているんだ。」
レポーター「きゃー残念。実は私もよ。」
さすが、愛妻家のデビッドです
ランチタイム

レポーター「何を料理しているの?」
料理係「ピタパンに入ったスブラキよ。ポールはまるで牧場に働いている青年みたいなの。お皿の上にあるものは何でも食べちゃうのよ。」

そういえば、フレイザー、シーズンが進むに連れてふくよかになっていったような・・・・
料理係「デビッドはハリウッドの俳優さんみたいなの。ローカロリーのものを好むの。」

ポールが大口を開けてピタパンにパクついている一方、デビッドはカロリーメイトみたいなものを食べています。
レポーター「ディーフは何を食べるの?みんなと一緒のもの?それとも特別なものを作るの?」
料理係「彼は冷たいものが好きなの。スライスチーズとか好きよ。」




直線上に配置
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー