Open Mike
1999年 11月

カナダCTVで放送されたトーク番組。司会のMike Bullardが気さくな人でとても楽しい番組です。

「Muder Most Likely」放送直前にポール・グロスがゲスト出演しました
(実在のカナダRCMPで妻殺しの容疑で収監中のパトリックについてのドラマ。ポール主役/EXプロデューサー)

注:文章部分はまったく当てになりません。スルーしてくださいませ

   M「パトリックは刑務所にいて無実を訴え続けているよね。君はこの事件に関してリサーチをしてきたわけだけど本当だと思う?」
P「わからないね」

M「わかんないの?」

P「わかんない。このドラマの目的は彼を有罪に見せることなんだ。そして彼は今刑務所にいる。僕が面白いと思ったのは妻殺し以外のアディショナルな部分かな」
<<ドラマの一部が流れます。パトリックが「しゃらっぷ!」と妻を罵倒します>>

M「ベントン・フレイザーは"しゃらっぷ"なんて人に向かって絶対言わないよね」

P「うん、それは彼のボキャブラリじゃないね」



M「そういえば、ドラマ「ER」からオファーを受けたんだってね」

P「そうじゃないんだよ。ERが僕に興味あるかどうかアプローチしてきただけなんだ。ジョージクルーニーの役にって。でも僕はもうハムレットをストラッドフォードでやると契約しているからね」

ペコちゃん、ポール。この日も10回ぐらいペロペロ下唇を舐めます。
M「舞台俳優だっけ?」

P「そうだよ、マイク〜〜!(←舞台声になっているのがおかしい)やってたよ。演劇学校に行ったし 地域劇団にいたよ」.

M「知らなかったよ。ストラッドフォードで演じたことある?」

P「ないよ。常駐作家ではあったけどね」

M「常駐作家だったの。かっこいい」

P「実は僕がハムレットを書いたんだよ」←ポールのジョークに笑


M「他に何かやろうとしている仕事はある?」

P「来年映画を撮るよ。今書いているんだ。カーリングの世界なんだよ。早いペースの悲劇さ。題はMen with Brooms」
M「ほんとにやるの?」

P「ジョークじゃないんだよ。でもハンデキャップがあるんだよね。僕、カーリングのことなんか全然
知らないんだ。共同脚本家とはヘンな会話ばっかりしているよ。
”ねえ、ちょっと待って。ゴシゴシ擦るのって石を速くするの?遅くするの?”なんてね。 全員それがわからなくて、僕の弟に電話したんだ。”トニー、あの擦るのって何”って?

明るいポールがとってもステキなインタビューでした。


BACK





ますます好きになったよぉ〜。

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー